本気でメイクアップ!

本気でメイクアップ!

チーク一つで化粧がパッチリします。

化粧をする上で、チークがあると華やかになります。

化粧水と乳液で肌を整えたら、化粧下地をつけ、ファンデーションをぬります。ナチュラルメイクが流行ですので、厚くなりすぎないようにします。アイメイクはぱっちりさせ、目元の印象をはっきりさせます。自分に合った色味のアイシャドウとアイライナーを選びましょう。ビューラーでまつ毛をカールさせます。

まゆ毛は茶色が自然で似合います。そして、最後にチークを頬の中心から頬骨にかけて、大胆にパフでつけていきましょう。明るい印象を与えたいなら、オレンジ系を。優しいニュアンスを与えたいなら、ピンク系を。その日の気分で、オレンジ、レッド、ピンクのチークを使い分けてもいいでしょう。髪型やその日の洋服に合わせて、色を変えてもいいでしょう。

メイクは人を幸せに、明るくさせてくれます。目元や頬のワンポイントをきっちり押さえ、メイク上手になれるよう、日々努力をし、研究を重ねていきましょう。

化粧はチークが決め手

化粧の最後にチークを入れると、頬に赤みが入るのでイキイキとした明るい顔色に見えるようになります。そのうえに、入れ方によって顔の印象を変えることもできるというとても重要なものなのです。化粧がうまく出来上がったのに、最後のチークの入れ方によって、厚化粧に見えたり印象が悪くなったりする失敗は避けたいものです。失敗しない基本的な入れ方は、黒目の下から顎までを3つに分ける点をイメージして、目に近い点から耳に向かって楕円を描くように入れるというものです。
、むらなく自然に付けることができます。足りないと感じても継ぎ足さないことが大切です。また、一気に楕円を描こうとしないで軽く往復させると自然な感じになります。基本を踏まえたうえで、円を描くように丸く入れると、優しい感じの顔にすることができます。一方、頬骨の下側が濃くなるように斜めに入れると、シャープな印象の顔にすることができます。

check

ドローンの許可の代行を検討

最終更新日:2018/3/14

ページの先頭へ